ローコスト住宅なら低予算で念願のマイホームが手に入る

積み木

低価格を選ぶ理由

一軒家

予算から満足度を図る

建てる時だけじゃなくリフォーム時にもムダを省き、資金節約できるのがローコスト住宅で、一概に言えないものの、福岡では広さ35坪程度で1千万円台、坪単価で40万円台での住宅を指しています。福岡の地でローコスト住宅を購入や建築する場合、住宅の価格が安くとも面積が小さい場合は高額となるため、土地と建物の両方を意識することもポイントです。また生涯コストまで考え、メテナンス費などをFPにプランニングしてもらうことは利にかなっています。ローコスト住宅の特徴となる四角形のカタチは、近代的なデザイン性が福岡の若い世代を中心に人気があり、不動産の相談件数も増加傾向です。さらに本体価格に対し、ガス工事や屋外給排水、地盤調査費用なども含めて1千万円台を切る住宅も話題性を集めていますが、低価格が実現できている背景に企業努力も挙げられます。例えば、設備・建材メーカーと直接の取り引き、大量仕入れでコスト削減する内容や、工場での工程を短縮して施工コストを抑える方法もあります。こうした部材や設備の一括購入や、プラン限定の規格型住宅にするなど、コストダウンを図るのもローコスト住宅の特徴です。選定のポイントは低価格ではなく、低予算で家を建てることができるのかに着目するのも手の1つです。低価格では高品質や高機能を求めることが大事で、例えば、使用する素材の大量生産や発注に意識が向きがちですが、保管や保存状態などの管理が徹底されている必要も挙げられます。福岡の気候風土に合わせた品質の確保や保証は、一般消費者が安心してローコスト住宅の建築や購入ができるための選定のポイントです。

北部地域がおすすめ

大阪地域では、北部地域を中心に、学校、病院、大型ショッピングセンターを中心とした住みやすい住宅地が開発されています。これらの一戸建ては、価格的にも、普通のサラリーマン家庭でも手に入れられる設定になっており、これらの物件を手掛けた不動産屋に相談することで、多くの情報を入手することができます。

家に求める条件

新築一戸建てに求める条件がありすぎると、物件探しが難しくなります。希望条件は事前にある程度絞ってから、寝屋川で新築一戸建てを探しましょう。条件に合う物件が見つからない時は、少し条件を緩めて探してみてください。

シニア層に人気のデザイン

スウェーデンハウスは北欧の輸入住宅を手掛けるメーカーです。スウェーデンハウスでシニア層に特に人気なのが、平屋の北欧住宅となっています。バリアフリーでワンフロアの家なので、年齢を重ねた時も生活しやすい点が魅力です。